鬼滅の刃194話ネタバレ確定!無惨の古傷が判明!伊黒参戦で炭治郎の士気が上がる!

ネタバレ

今回は、鬼滅の刃194話のネタバレ内容/考察をしていこうと思います!

まずは、前回の193話の内容をおさらいしましょう。

 

今回の内容は

2020年の2月17日(月曜)発売の週刊少年ジャンプからの情報です!

 

まずは、前回の193話の内容を振り返ってみたいと思います!

 

前回の話では、珠世が仕掛けた薬の効果が出てきました。

 

無惨の攻撃を喰らって致命傷となっていた炭治郎は

愈史郎の懸命な治療により一命を取り留めました。

 

この死の淵を乗り越えた事により炭治郎は急激に強くなっており

無惨もそれを察していました。

 

しかし、それでも無惨はアイツには及ばないと思っていました。

 

その人物は始まりの呼吸を使う緑壱です!

 

炭治郎が日の呼吸を使いだし12の型の内、6つの型を繋げて攻撃する事が出来ました。

 

日の呼吸を使っている炭治郎の身体はボロボロの状態になっており

肺を殴られているような感覚と四肢を引き千切られるような感覚が流れていました。

 

炭治郎は夜明けまでの1時間を意識し

集中しろ、1秒を繋げと自分に言い聞かせていました。

 

一方、無惨は緑壱と比べると劣っている炭治郎に対し

技の精度が落ちている事や赫刀を保てない事に飽きれていました。

 

しかし、ここで無惨の中に疑問が生じました。

 

炭治郎は変わらず動きの繊細さもなく人間ならではの疲労で体力も落ちているはずなのに

 

何故、そんな相手を仕留める事が出来ていないのか?

 

ここで、無惨は気づきました!

 

それは、自分の動きも遅くなっている事!

 

原因として浮かんだのは珠世の姿。

 

無惨は自分の身体の中にある珠世の細胞を読み取りそこから記憶を読み取りました。

 

そこから分かったのは、薬の中に人に戻すための成分ともう一つ効果が隠されているという事。

 

珠世の過去の記憶では、虫柱のしのぶが薬を複数の掛け合わせにするという提案を出している光景でした。

 

1つは人に戻す効果!

そして、もう1つは老化を進める効果!

 

その老化の効果とは1分で50年分老いてしまう作用!

 

珠世の記憶から明らかになった事、無惨が老化し続けているという事実。

 

そのことを知った無惨は、珠世から薬を撃たれてから何時間経ったのか計算しました。

 

薬を撃たれたのは4時間、5時間近く前

薬の効果が効き始めた時間を差し引いても3時間以上

 

つまり、9千年分老いているという事!

 

この変化に気づけなかった事を後悔しているスキに

炭治郎から日の呼吸の連続攻撃!

 

老いの影響か無惨も攻撃を喰らい初め

炭治郎に勢いが付いてきました!

 

そして、12の型全てを繋げた炭治郎は

もっと速く、正確に!

 

と心に言い聞かせ、今回の話は終わりました。

 

 

今までのおさらいをしたい方はこちら↓

 

190話↓

鬼滅の刃190話ネタバレ確定!柱全員が赫刀に?善逸と伊之助も参戦で有利な状況に!
今回は、鬼滅の刃の190話の考察をしていこうと思います! 今回の内容は 2020年の1月20日(月曜)発売の週刊少年ジャンプからの情報です! まずは、前回の189話の内容を振り返ってみたいと思います…

191話↓

鬼滅の刃191話ネタバレ確定!炭治郎の復活!無惨を前に柱達敗北か!?
今回は、鬼滅の刃191話のネタバレ内容/考察をしていこうと思います! まずは、前回の190話の内容をおさらいしましょう。 今回の内容は 2020年の1月27日(月曜)発売の週刊少年ジャンプからの情報です! …

192話↓

鬼滅の刃192話ネタバレ確定!無惨の倒し方判明?緑壱の意思を繋ぎ十三の型を習得する!
今回は、鬼滅の刃192話のネタバレ内容/考察をしていこうと思います! まずは、前回の191話の内容をおさらいしましょう。 今回の内容は 2020年の2月3日(月曜)発売の週刊少年ジャンプからの情報です! …

194話↓

鬼滅の刃193話ネタバレ確定!十二の型が繋がり炭治郎優勢に!無惨は珠世の薬で弱体化した?
今回は、鬼滅の刃193話のネタバレ内容/考察をしていこうと思います! まずは、前回の192話の内容をおさらいしましょう。 今回の内容は 2020年の2月10日(月曜)発売の週刊少年ジャンプからの情報です! ...

 

今回のポイントは

 

・愈史郎の治療!

・戦力UP!

・無惨の身体!

 

この3つを元に考察していこうと思います!

愈史郎の治療!

激闘が行われている中、愈史郎が戦場に近づいてきており

無惨によりバラバラにされた茶々丸を見つけました。

 

愈史郎は茶々丸を抱き繋ぎ合わせていました。

 

*茶々丸は決戦直前に鬼にできた為、再生する事が出来ました。

 

 

愈史郎は、一緒にいる鬼殺隊に周りの奴らの手当てを急げ!

棘のある表現で指示しました。

 

無惨の攻撃を受けている為、血清を打ち始めました。

 

愈史郎は有力な戦力となる悲鳴嶼行冥に声を掛けました!

 

しかし、行冥は無惨の攻撃で意識を失っており応答しませんでした。

*体はボロボロで左足も失っている状態

 

 

愈史郎は行冥の身体状況を分析し始めましたが

失血平衡感覚の欠如により戦う事などほぼ不可能と思いました。

 

愈史郎は治療を続けながら珠世の事を思い出し

「炭治郎を守ってください!」

と泣きながらお願いしていました。

伊黒の加勢!

日の呼吸を使いつつ戦っている炭治郎は

技を繋ぐだけではなく正確に心臓を狙わなくてはいけないと心がけていました。

 

そんな炭治郎は、突如視界が黒くなり

酸欠状態に陥りました!

 

 

酸欠状態に陥った炭治郎は自分自身に

落ち着け!匂いで捉えろ!

と言い聞かせていましたが

 

そんな中、足を滑らせてしまいました!

 

 

無惨の触手攻撃は止まる事なく続いているため

動きの止まった炭治郎に襲いかかります!

 

しかし

 

その瞬間、炭治郎は何者かによって助けられました!

 

それは

蛇柱の伊黒小芭内でした!

 

炭治郎は、視界が戻り伊黒に救われた事を把握しました。

 

ですが、その時に伊黒の両目には大きな傷跡があり潰されていました。

 

炭治郎は、自分を守られた時に付いた傷と思い心配していましたが

伊黒はもっと前に付いた傷と言っていました。

 

*無惨の攻撃により飛ばされた時には失っていたのでしょう。

 

 

目が見えない事を心配されていましたが

伊黒は自信の傍にいる蛇(鏑丸)の力を借りるといい、援護は必要ないと言いました。

 

酸欠状態が回復した炭治郎を離した伊黒は上空に上がっていましたが

無惨は、当然追いかけてきており伊黒に攻撃を仕掛けました!

 

しかし、伊黒は鏑丸から情報を貰っているかのように

無惨の攻撃をよけており目が見えないものとは思えないような動きをしていました。

無惨の身体!

老化の修復に体力を奪われておる無惨は

弱った2人を仕留める事が出来ず苛立っていまいた。

 

炭治郎も無惨が弱っているのを気づいているようですが、まだ強く

酸欠を免れるのが精いっぱいの状況でした。

 

自分の身体も精一杯

伊黒と一緒に攻撃しなくてはいけないと考えていました。

 

そんな中、炭治郎が無惨を見ていると何か異変に気付きました。

 

それは

 

無惨に複数の古傷が浮かび上がっていたのです!

 

この傷は緑壱が付けたもので

何百年もの間、無惨の細胞を灼き続けた傷でした!

 

 

この傷が無惨の脆い所だと察し

 

緑壱が導いてくれている!

 

と炭治郎は感じました!

まとめ

炭治郎は、日の呼吸を使い無惨に攻撃し続けていますが

人間の特徴である疲労などにより、酸欠状態にまで陥ってしまいました。

 

前回から戦況は変わり炭治郎と無惨の戦いに

蛇柱の伊黒が参戦してくれました!

 

伊黒は無惨の攻撃により両目を失っていましたが

さすがは柱の1人

 

視力を失っても鏑丸という蛇の力で無惨の攻撃を掻い潜っていました!

 

もしかすると、他の柱達も

身体の機能が悪くても戦場に戻って来てくれる可能性は十分にありそうですね!

 

そう考えると、夜明けまでの残り50分も

何とか持ちこたえる事が出来るかもしれません!

 

 

現段階では、伊黒のみが復活して共闘してくれていますが

愈史郎が倒れた者達の治療に向かってくれているため

 

この後も共闘してくれる仲間が増える可能性は高いですね!

 

今後も熱い展開が期待できそうですね!

 

ちなみにこの194話を元に次の話の考察もしてみました!

気になる方はこちら↓

鬼滅の刃195話ネタバレ考察!不死川実弥の復活で戦況が有利に?無惨の弱点を突き優勢となる!?
今回は前回の194話を元に次の話 195話の考察予想をしていきたいと思います! まずは、以前の分をおさらいしたい方はこちら↓ ・8号(1月20日発売)190話 ・9号(1月27日発売)191話 ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました