鬼滅の刃195話ネタバレ考察!不死川実弥の復活で戦況が有利に?無惨の弱点を突き優勢となる!?

ネタバレ

今回は前回の194話を元に次の話

195話の考察予想をしていきたいと思います!

 

まずは、以前の分をおさらいしたい方はこちら↓

 

・8号(1月20日発売)190話

・9号(1月27日発売)191話

・10号(2月3日発売)192話

・11号(2月10日発売)193話

・12号(2月17日発売)194話

 

ちなみに、この記事はアニメ単行本でのみ見ている方には、ネタバレ要素が入っているので気を付けて読んでください!

 

*少し個人的な意見も入っているので、ご了承ください!

 

 

前回の話から次の話の展開を予想してみました。

 

・不死川実弥の復活!?

・無惨の弱点!?

・戦況有利!?

 

この3つを元に考察していきたいと思います!

不死川実弥の復活!?

前回の話から考察すると

愈史郎の活躍により柱達善逸達が治療を施してもらい

 

戦場に復活するという可能性もゼロでは無いでしょう!

 

 

伊黒も復活する事が出来ていますし、柱と戦っている時も

無惨は老化し続けていた為、思ったより威力は軽減されているのかもしれません。

 

*もし無惨がフルパワーだったら間違いなく全滅していたでしょう。

 

 

行冥義勇体の一部が損傷しているため

非常に復帰しにくい状況だと思いますが

 

もしかすると、実弥は根性で復活してくるかもしれないですね!

 

弟も消されているため鬼の存在は許せない事でしょう。

 

 

もし、実弥も戦いに参戦してくると

より有利な状況となってくるでしょう!

 

また、炭治郎が無惨が老化している事と

身体に古傷が浮かび上がっているのを皆に知らせる事で士気も高まる事でしょう!

 

士気を高める事に関しては実弥がいるとよりいいと思います!

 

伊黒が赫刀を発現させたときも一緒に勢いに乗り

義勇と協力して赫刀を発現させていたので

 

その時のように協力してくれるかもしれませんね!

 

 

治療に向かってくれた愈史郎は

行冥の所に真っ先に行っていたので

愈史郎も行冥が一番強いという事を理解しているのでしょう。

 

しかし、行冥は左足が無くなっているので

戦場に戻って上手く立ち回れるのか心配ですね。

 

その後に愈史郎がどの順番で治療を施していくのかも注目ですね!

 

無惨の弱点!?

柱達、善逸達、炭治郎の戦いにより

無惨は長い間戦い続けています。

 

そして、何より命がけで挑んだ珠世の

老化させる薬により

 

無惨を徐々に弱らせることに成功しました!

 

さらには、緑壱が何百年前に灼き付けた古傷まで浮彫になってきて

無惨の弱点が現れてきました!

 

炭治郎達はこれを逃さずに狙っていく事でしょう!

 

 

また、この傷が出てきたという事は

やはり炭治郎が現在使っている日の呼吸は有利な攻撃のため

 

無惨を倒す事に対し、必須の条件なのかもしれないですね!

 

 

*それにしても緑壱の攻撃が何百年も刻まれているという事は、本当に凄い攻撃を仕掛けていたのでしょう。

 

鬼なら本来どんな傷でも再生する力を持っているので

その原点とも言われる無惨ならそれ以上の再生能力がある事でしょう。

 

しかし、その無惨でさえも再生できない傷

 

緑壱という男の底知れない力が目に見える瞬間でしたね!

 

 

緑壱が繋いでくれた無惨を倒すきっかけ

これを炭治郎は読み取り今後の戦いに生かしていく事でしょう!

戦況有利!?

伊黒の参戦と愈史郎の治療のおかげで

1人命がけで戦っていた炭治郎に少しだけ余裕が出てくることでしょう。

 

これにより炭治郎は呼吸を整え集中する事ができ

日の呼吸をより正確に無惨の心臓目掛け繋げていく攻撃をしていくと思います!

 

 

また、柱である伊黒ともしかすると復活する可能性のある者達の参戦により

戦力UPしていくと思います!

 

 

愈史郎が他の者達の治療を行っているのを無惨にみられてしまうと

狙われる恐れがありますが

 

そこは、炭治郎達が守ってくれる事でしょう!

 

以前から炭治郎の元へ向かっている禰豆子が参戦してくれると

より戦力UPに繋がると思いますが

 

禰豆子の登場はまだ先の様ですね!

 

現段階では、まだ夜明けまで約50分という時間なので

柱達が復活して炭治郎を援護してくれる事に期待したいです!

まとめ

伊黒の復活により、他の柱達の参戦に期待が持て始めました!

 

鬼殺隊、最強の男「悲鳴嶼行冥」と水柱「冨岡義勇」に関しては

身体の一部を失っているため

 

戦場への復活が困難に思えますが

風柱の「不死川実弥」善逸達に関しては

 

まだ復活してくる可能性が残されています!

 

 

さらに、前回の話から愈史郎が動きだしてくれた為

炭治郎の時のように治療を施し救ってくれるかもしれません!

 

もし、他の者達も炭治郎のように

1度生死を彷徨った事により急激に強くなって戻ってきたとしたら

 

今まで以上に素早く動く事ができ戦況が有利になっていく可能性もありますね!

 

 

一方、無惨に関しては

珠世の老化の薬の効果で弱体化しており

さらに緑壱が何百年も前に付けた古傷が浮き出てくるほどになっていたので

 

弱くなっていく一方だと思います!

 

そのため、夜明けまでの時間を稼ぐためのチャンスですね!

 

このまま一気に倒すという事が出来ればいいですが

無惨も鬼の頂点ともいえる存在なので

 

いくら弱体化してもなかなか倒せる相手ではないでしょう!

 

そのため、この話で無惨との対決に参戦してくれる仲間が復活して登場してくれる可能性は高いと思います!

 

どのキャラが協力して戦いに参戦してくれるのか期待が膨らみますね!

 

また、緑壱が繋いでくれている古傷がどのように使えるのかも注目ポイントですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました